介護職はひとの為になる仕事

介護者として働いていて、一番やりがいを感じるのは「誰かのためになっている」と言う実感です。
そう言ってしまうと、綺麗事のように感じますが、実際のところ介護職のやりがいはそこに尽きると思います。

 

介護の必要な高齢者を抱えている家庭の多くは、パンク寸前です。必要なことだとわかっていても、
一筋縄でいかないのが介護。

 

いつ終わるとも知れない介護漬けの毎日に、疲弊し、疲れている家族がほとんどです。大事に思っている家族でさえも、時に要介護者に声を荒らげてしまうことも少なくないようです。

 

そんな時に、我々介護職が間に入ることで、両者のストレスを軽減することができます。現在私は、デイケアで働いていますが、高齢者はもちろんその家族の支えにもなっているとやりがいを感じています。

 

常に、利用者である高齢者の方にも、また来たいと思っていただけるようなサービスを提供するよう心がけています。簡単なことでは無いですが、チームで取り組むことで可能だと私は思っています。

 

必ず人は歳をとります。その時に、また生きたいと思える社会であって欲しいから、介護職が必要だと思います。
低賃金重労働とよく揶揄されはしますが、社会の為になるやりがいのある仕事だと私は思っています。